印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |



Best Brain inc. 有限会社ベストブレーン

配給

「夢二」メインカット.jpg

出演:駿河太郎 小宮有紗 加藤 雅也/黒谷友香 他
監督・脚本:宮野ケイジ
原作:野村桔梗『竹久夢二のすべて』(駒草出版)
プロデューサー:関 顕嗣
模写絵・美術協力:小野日佐子
配給:ベストブレーン
2015/ 日本 / 104分 /5.1ch/ シネスコ / カラー / デジタル/
(C)2015 映画「夢二~愛のとばしり」製作委員会

【物語】
時代はいくつも変われど、愛され続けている竹久夢二。
そして、夢二の生きた「素敵な憧憬」として輝きを放 ち続けている「大正時代」。
「美人画」のモデルとなっ た妻・たまきとの憎愛と決別・・崩壊。
最も愛した女・ 彦乃(しの)との逃避行・・そして死。
最後のミュー ズ・お葉との出会い・・再起。
本作は、人間「竹久夢 二」を哀しくも愛のある姿を捉え、竹久夢二の本質を 浮き彫りにする物語。

公式サイト:yumeji-ai.jp(近日オープン)

生誕 130 年を経て、これまで誰も描かなかった竹久夢二の真実が明らかに!

映画「夢二~愛のとばしり

一人の男の迸りに翻弄される女達。竹久夢二の本質を浮き彫りにする新たな夢二物語の誕生。

1884年に岡山で生まれ、明治、大正、昭和の3時代を駆け 抜けた“日本最初のポップアート”アーティスト竹久夢二。
いまでも全国各地で特別展が開催され、色褪せぬことなくファン を魅了する夢二。
これまでにも「夢二」の映画が製作されてき ましたが、その多くは彼を巡るある種の幻想の物語でした。
本作が描く「竹久夢二」は、人間あるいは男としての哀しくも愛 ある姿を捉えています。
夢二が生きたロマンあふれる時代を再 現しながら、「美人画」のモデルとなった妻・たまきとの憎愛 と決別・・崩壊。
最も愛した女・彦乃(しの)との逃避行・・ そして死。
最後のミューズ・お葉との出会い・・再起。
と夢二の迸りに翻弄される女達の心情を深く掘り下げながら、人 間・竹下夢二の本質に迫る物語を描きます。

主人公・竹久夢二を演じるのは、30歳で役者デビューを果たし、2011年のNHK連続テレビ小説『カーネーション』 でヒロインの夫に大抜擢。
その後TBS「半沢直樹」出演など、若手実力派としての実績を着実に積み上げ注目を集める 駿河太郎。
夢二が最も愛した女・彦乃には「イン・ザ・ヒーロー」(14)「カバディーン!~花吹雪高校篇~」(14) などへの出演で話題を集めた
小宮有紗がこれまでのイメージを覆す体当たりの演技に挑戦しています。
また、夢二の妻・ たまきには「極道の妻たち Neo」(13)「利休にたずねよ」(13)「イン・ザ・ヒーロー」(14)の黒谷友香、
彦乃の父を2002年度 第12回日本映画批評家大賞・ 主演男優賞を受賞し、日本のみならず海外進出も果たしている加藤雅也と、
話題溢れる俳優陣が脇を固めています。
そして本作でメガホンをとり脚本を手掛けたのは、宮野ケイジ。
TVCMなど広告、プロモーション映像をディレクター として手がけ、「日本産業映画コンクール」企業部門・最優秀作品賞をはじめ、
多数受賞。TV番組、大型映像、3D映 像など特殊映像まで幅広く手がけ、不良性感度の高い映像作家と評され注目を集めています。

製作協力

mori-no-cafe.jpg

管勇毅 若井久美子

橋本一郎 伊波麻央 永井秀樹 志賀廣太郎 東亜優 安藤 紘平

監督・脚本・プロデュース 榎本憲男

配給 ドゥールー

©Norio Enomoto

映画「森のカフェ」公式サイト

映画「森のカフェ」

●イントロダクション

ユーモアとコーヒーの香り漂う哲学的コメディ
論文が書けない哲学者が近所の森で出会ったのは......?

若手の哲学研究者は論文を書きあぐねている。そこで、気晴らしに近所の森に出かけてノートを広げてみた。すると、突如、見知らぬ女が現れ『森のカフェ』にようこそなどと言って、無理矢理コーヒーを飲まされ……というなんとも不可思議な幕開けから始まる『森のカフェ』は、ユーモアを交えながら徐々に全貌を 浮かび上がらせていき、最後はテーマが浮上するという見事な構成を持っています。そしてコメディでありつつ、現代社会への批評的な鑑識をも兼ね備えた不思議な逸品です。鳥がさえずり、紅葉が美しい森の中で、ユーモアとコーヒーの香りを漂わせつつ繰り広げられるロマンスを、哲学的なウィットを盛り込んで描いたのは、永らく映画業界で興行や編成、製作でキャリアを積んだあと『見えないほどの遠くの空を』でデビュ ーした榎本憲男。本作は、短編『何かが壁を越えてくる』(第 25 回東京国際映画祭 日本映画・ある視点部 門出品)を間に挟んで送る長編第二弾です。「絵物語として楽しく、そして深くという一粒で二度おいしい 映画を目指したい」という榎本は、しっかりした台詞を書いてそれを役者に明瞭に発語してもらうという演 出法を土台に、むしろ今の日本映画にはめずらしい生真面目とも言えるタッチで演出していきます。さらに、この秋には小説家としての活動も本格化。オリンピックの開催を目前に控えた新国立競技場の爆破事件を皮切りに、特別自治区となった福島の帰宅困難地域で繰り広げられるサスペンス小説『エアー2.0』(小学館) を刊行し、ますますストーリーテラーとしての活躍の幅を広げています。

悩める哲学研究者には来年『64』(瀬々敬久監督)の公開も控える管勇毅。ロケ地で訪れた大学では本職の研究者から「うん、哲学研究者に見えるね」というお墨付きを頂きました。ヒロインには、東宝ミュージ カル『レ・ミゼラブル』でのコゼット役などで活躍中の若井久美子。本作が本格的な映画のヒロイン役となり、歌も披露しています。主人公の友人には『見えないほどの遠くの空を』から引き続き榎本作品に出演す る橋本一郎。ヒロインの友人には映画初出演となる伊波麻央、そして『赤い文化住宅の初子』の東亜優、劇 団「青年団」実力派の永井秀樹・志賀廣太郎らが脇を固めるほか、論文審査の教授に、映画作家であり自身も大学で教鞭を執る安藤紘平が顔を見せています。

キャメラを回したのは、広告やファッション業界で活躍する Photographer Hal こと川口晴彦。『見えな いほどの遠くの空を』では助手だった小牧将人が録音技師として活躍するほか、ヨーロッパで活躍する安田芙充央が印象的な挿入歌や素晴らしいエンディングテーマ曲を作曲・演奏しています。

浄霊探偵

【キャスト】
今野裕夫 高柳明音(SKE48)

鈴木かなえ 小川孟起 絵瑠 上月せれな 大山ダイキ

岩井七世/神島千尋/森次晃嗣

【企画・原案】
神島千尋

【監督】
都築宏明

【脚本】
松井香奈

【挿入歌】
『同じ空の下で』
Vocal 上月せれな/(作詞 作曲 編曲)株式会社インスパイアミュージック

【エンディング】
『奇跡』
歌:タナカハルナ/アルバム「彼方に」(はるな企画)より

【製作】
ベストブレーン/KODO ENTERPRISE

【プロデューサー】
兼田 仁/服巻泰三

配給:ベストブレーン

共同配給:ソリッドフィーチャー

上映時間:89分

©2015「浄霊探偵」製作委員会

映画「浄霊探偵」公式サイト

背後に忍び寄る不気味な“霊”…
果たしてそれは怨念か?陰謀か?!

映画「浄霊探偵」

●イントロダクション

浄霊をテーマにした初映画が、オリジナル脚本で劇場公開。

映画『浄霊探偵』は、実在の浄霊師・神島千尋の原案・企 画からスタートし、2014 年 10 月にクランイン。
神島千尋 の原案からオリジナル脚本を手がけ、本作でメガホンをと ったのは『死づえ 噂霊』でプロデューサーを務め『ソー ドシーカーズ〜刀狩るもの〜』(08)で監督デューした都築 宏明。
本作でW主演となる探偵・小笠原を演じるのは、『窓 辺のほんきーとんく』の今野悠夫、
そして鹿篭百合香役に は、SKE48 の高柳明音が抜擢され、W主演を務めます。

かつて霊能師としての修行経験を持つ探偵・小笠原篤が依頼されたのは、人気番組「心霊ハンター」のヤラセ調査。
番組で司会を務める鹿篭百合香の一族に伝わる悪霊を除霊するというゴールデンの特番に向けて準備を始める番組スタッフたちの中にもぐりこんだ小笠原は、霊に関するネタを持ちこむのが黒川無山だと聞き、密かに黒川をマークする。
一方、百合香の背後に不穏な白い影を見てしまったことで百合香にも興味を持ち始め、やがて百合香も番組に対して不信感を抱いていることを知る。
そして小笠原と百合香は、予想外の展開に巻き込まれることに...。

除霊と浄霊の違いとは...。

人や物にとり憑いた霊を取り去る方法には、「除霊と浄霊」の二つがあり、除霊とは人や物にとり憑いている悪霊や怨 霊などを取り除くこと。
そして浄霊は、とり憑いている霊の不浄な部分を清め、災いを止めさせて解決し行くべき霊 界に送ること。
浄霊師として実際に活躍する神島千尋が監修を務め、作品中にも浄霊師として特別出演しています。

●ストーリー

人気番組「心霊ハンター」で活躍する霊能師 黒川無山の裏 の顔を暴く!―そんな調査依頼を受けた探偵の小笠原(今 野悠夫)は、番組ADとして撮影隊に潜り込むことに成功した。
小笠原は、かつて浄霊師の師匠 神矢翔尋(神島千尋) の元で、霊能師になる為の苦しい修行を受けた経験があっ た。
調査対象の黒川(大山ダイキ)は非凡なる霊能力を持 ち合わせながらも、「生身の人間が実態のない悪霊を恐れる ことなど実にバカバカしい。そんなもの切り捨ててしまえ ばいい」という除霊思想の持ち主。
そんな折、番組の司会を担当する鹿篭百合香(高柳明音〈SKE48〉)の実家で続い ている数々の不幸を題材に番組を制作することに…。
小笠原はじめ、番組クルー、百合香、病床に伏す妹の藤乃(絵 瑠)、黒川らは、鹿篭家に充満する邪悪な気配を感じ取るのだった。
藤乃の容体が、急速に悪化していくなか、小笠原 は黒川の正体を明らかにし、ついには邪悪な黒川との対決を決意するのだった―!

配給/宣伝

ポセイドンの涙ポセイドンの涙

ナレーション 榎木孝明

横須賀音楽隊 村上渚 3 等海曹 / 第 41 掃海隊掃海艇「つのしま」谷口設夫 2 等海曹 / 山田嶺 3 等海曹 / 第 6 護衛隊護衛艦「ちょうかい」瀧石信幸 1 等海曹 / 徳丸俊浩 1 等海曹 / 本田貴剛 2 等海曹 / 吉田季文 海士長 / 第 6 護衛隊護衛艦「たかなみ」嶋田恒一郎 2 等海曹 / 梶洋平 3 等海 曹 第21航空隊第211飛行隊 越前恵一 3等海曹 / 第21航空隊第211飛行隊長 田上啓介 2等 海佐 / 第2海災部隊指揮官 第2護衛隊群司令 淵之上英寿 海将補 / 第4海災部隊指揮官 掃海隊 群司令 福本出海将 / 新川広光 / 内海晴香 / 内海康弘 / 内海房恵 / 内海貴博 / 石巻みづほ第二 幼稚園 佐藤順子 /千葉麻里 / 鈴木恵美 / 岡山仁見 / 女川商工会 青山貴博 / 海上自衛隊 OB 金 井通男

監督:大島孝夫 鹿島潤

製作:山梨一寿 伊藤明弘

企画:伊藤明弘

プロデューサー:嶋田豪 関顕嗣 星野晴美

構成:大島孝夫 鹿島潤

配給宣伝プロデューサー:兼田仁 植田繁 佐藤嘉一 内山学

音楽:小山順之 フクシマレコーズ(Fukushima records)

主題歌:KENZO「それぞれの想い」

特別協力:浦戸諸島桂島区 内海灸蔵 陸上自衛隊第 6 特科連隊本部中隊 大河原祥兄 3 等陸尉 濱野恵津子

協力:防衛省 海上幕僚監部 海上保安庁

撮影協力:海上自衛隊横須賀地方総監部 海上自衛隊佐世保地方総監部 海上自衛隊横須賀音楽隊 海上自衛隊館山航空基地 第 6 護衛隊 護衛艦「ちょうかい」 第 6 護衛隊 護衛艦「たか なみ」 第 7 護衛隊 護衛艦「みょうこう」 第 41 掃海隊 掃海艇「つのしま」練習艦隊 練習艦「かしま」 石巻みづほ第二幼稚園 気仙沼市立大島中学校 旧塩竃市立浦戸第二 小学校 仙台港 グランドヒル市ヶ谷 女川商工会 女川町きぼうのかね商店街 とまり木

制作:フォルム アイエス・フィールド

配給:アイエス・フィールド

共同配給・宣伝:ベストブレーン

配給協力:渋谷プロダクション

©2014「ポセイドンの涙」製作委員会

「ポセイドンの涙」公式サイト

東日本大震災 実録ドキュメンタリー

「ポセイドンの涙」

3月11日 そして、再会へ

●はじめに

ひとつの大切な命を救えなかったことで自衛隊員が流す痛恨の涙。
ひとつの大切な命を救えたことで自衛隊員が流す喜びの涙。
自分が救った命との別れ、そして再会。
ひとまわりも、ふたまわりも大きくなった命の姿に自衛隊員が流す感動の涙。

海上自衛隊が撮影した貴重な映像と共に、
「救った人と救われた人」から「ひとりの人間と人間」へと移りゆくドラマを捉えた 感動のドキュメンタリー

東日本大震災での自衛隊の活動は、多くの日本国民に強い印象を与えました。 2012年の内閣府の調査でも、自衛隊に対して91.7%から「良い印象を持っている」との回答が 寄せられ、特に東日本大震災の災害派遣活動には、実に97.7%の国民が高い評価を与えてい ます。実際に自衛隊の活動を目の当たりにした被災地の方々はもちろんのこと、災害支援活動を メディアなどで知った日本中の人々が、自衛隊の献身的な行動に心を打たれました。
「あの地震でメディアは何を伝えたのか」というテーマでテレビ各局、新聞各社は特集を組み、「深 掘り」された「ストックのニュース」として伝えはしましたが、「自衛隊の災害支援活動」のほとんどは 「大量生産」された「フローのニュース」の中でしか扱われませんでした。
この度、海上自衛隊の全面協力を得て、彼らが撮影した映像による深掘りされた「あの地震での 自衛隊の活動」をお届けすることができるようになりました。ほとんどの被災者は「失う」という大き なものを背負いましたが、自衛隊の活動の中で「得る」という小さな希望も掴んだのです。そしてそ の先に見えるものは「自衛隊員も涙を流すひとりの人間である」というもの。 自衛隊の賛美映画を作りたいのではない、被災者という「人間」と自衛隊員という「人間」とのあり のままの感動を知ってもらいたい。それこそが、この映画の意図するものです。

●あらすじ
震災発生から2年が経った2013年3月11日14時46分。宮城県塩竈市の隣、七ヶ浜の砂浜。海に向かっ て黙祷を捧げる若い兄弟がいた。中学を卒業したばかりの内海晴香さん(15歳)と、その兄である。 被災当初、苦しい避難生活のさ中、輸送艦「おおすみ」艦 内仮設入浴施設を訪れ、横須賀音楽隊所属の村上渚3 曹に出会った晴香さん。話が弾み、久しぶりに心の底から笑うことができたのだ。
晴香さんと村上は、震災後も交流を続けていた。晴香さ んにとって村上は尊敬すべき憧れの人であり、同時に、 年は離れているが最も信頼できる親友でもあった。「また 会おうね」と二人は約束していたが、仕事に追われる村 上と受験を控えた晴香さんが実際に再会するチャンスは なかった。しかし、2013年5月末から約半年間、洋上での任務に就く村上にとっては、その前に晴香さん に会っておきたかった。また同時に、震災から2年経った被災地が今どれだけ復興に向けて頑張っている のか。当時、艦内で自分が接した被災者の方々の元気な姿を見られれば、とずっと願っていた。こうして村 上は4月のある週末、プライベートで被災地を訪れる。
海上自衛隊横須賀基地、第41掃海隊水中処分員長、谷口設夫2等海曹(45歳)は、2年前の春を振り返 ると今でもやるせない思いに襲われる。水中処分員(EOD)である谷口の本来の任務は、水中の機雷や不 発弾の処理である。つまり、危険物を処理して人を救うこ とができる仕事であるはずだった。ところが、被災地の沿 岸で谷口を待っていた任務は、遺体の捜索であった。谷 口は、数多くの遺体を収容した。海中で遺体を発見する たびに、心の中で黙祷を捧げ、艦に引き揚げた。生存者 の救助とは異なり、喜べない仕事。それを支えたのは、 どんな使命感だったのだろうか?ひとりの人間として、壮絶な胸中を打ち明ける。
千葉県館山市に置かれた第 21 航空隊の越前恵一3等海曹は、孤立した集落から多くの被害者を病院や 避難所へヘリで運んだ。「ヘリは乗れる人数が限られています。乗せる人の優先順位をつけざるを得なかっ た...」。家族の遺体も一緒に運んでほしいという被災者の願いを叶えられず、心が痛んだ。
福島県南相馬市に住んでいた新川広光さんは、屋根の上に乗ったまま引き波で海に流され、二日間も海 上で漂流を続けた。そんな新川さんを沖合 15km で奇跡的に救出したのが、佐世保基地に所属する第 6 護 衛隊護衛艦の瀧石信幸 1 等海曹らのチームである。まさにヒーローともいえる活躍。それでも瀧石は、「被 災者に申し訳ない」という思いを抱えて震災後を生きていた。
初めて明かされる自衛隊員たちの自責の念。
本作の撮影のため、2 年後の被災地を訪れた横須賀音楽隊所属の村上渚3曹が、まず最初に口にしたの も「ごめんなさい」という言葉だった。
2011 年 3 月 11 日から半年間にわたる災害派遣活動。
いくつもの悲しみと、同時にかけがえのない出会いも経験した海上自衛隊の隊員たちの思いに迫る。

制作/配給

ゆめはるかゆめはるか

【キャスト】
吉本実憂 山村美智 鳥羽 潤 / 山寺宏一

【脚本・監督】
五藤利弘

【企画原案】
MUROCK 樋口宗孝基金

【撮影】
道川昭如

【協力】
板橋区 医療法人健水会、江戸川病院 ティーテック、栃尾商工会

【プロデューサー】
兼田仁、服巻泰三

【共同プロデューサー】
栃木光信

【制作】
ベストブレーン

【主題歌】
楽曲名『INTO THE OCEAN』
HIGUCHI PROJECT TEAM(樋口宗孝ラストアルバムMUNETAKA HIGUCHI &Project Team LAST COLLECTIONより)
V O : 梅原“PAUL”達也(44MAGNUM)/奥田民生 by the courtesy of Ki/oon Music/久宝留理子/寺田恵子(SHOW-YA)/二井原実(LOUDNESS)/AtoZ
G T : 松澤浩明(MAKE-UP)
B A : 山下昌良(LOUDNESS)
D R : 樋口宗孝(LOUDNESS)
KEY : 都 啓一

2014 / 日本 / カラー / 108分 / ビスタサイズ/ステレオ
配給:ベストブレーン

©「ゆめはるか」製作委員会

映画「ゆめはるか」

●イントロダクション

LOUDNESSのドラマー樋口宗孝の遺志を継ぐ!
命を紡ぎ、明日への希望へとつなぐ、温かな感動作がここに誕生!

「ゆめはるか」は、2008年肝細胞がんで49歳という短い生涯の幕を閉じてしまったヘビメタバンドの元祖ともいうべく<LOUDNESS*>のドラマー樋口宗孝*の魂を引き継ぎ、MUROCK樋口宗孝追悼プロジェクト』の一環として制作されました。

そして小児がんに焦点を当て、さらに近年注目されてはじめているセラピードッグ**を取り上げるなど、病に向き合う人々の現実や、生きたいと願う人々の明日への希望を描いています。

 本作の脚本を手がけ、メガホンをとったのは繊細な描写で固定ファンを獲得している『ゆめのかよいじ』(2013年12月公開)の五藤利弘。

 15歳にして病魔に襲われ、その病と懸命に闘う前向きな少女・本田遥を、2012年夏、第13回全日本国民的美少女コンテストにてグランプリを受賞し、2013年には次世代ユニットX21のリーダーに就任した女優・吉本実憂が熱演し、本作でスクリーンデビューを果たしました。
遥の父親には、声優やタレントとして活躍するベテラン、山寺宏一。
母親役にはフジテレビにて初代ひょうきんアナウンサーとして人気を博し、その後フリーアナウンサー、女優として活躍の場を広げている山村美智といった異色の顔ぶれが脇を固めています。

●ストーリー

生きたい――。

主人公・本田遥(吉本実憂)は、ジュニアオリンピックを期待されるほどの短距離走記録保持者。ある日、練習中に重い目眩にさいなまれ、校庭に倒れ込んでしまう。

検査の結果、脳腫瘍を患っていることがわかり、母・恵子(山村美智)に付き添われながら緊急入院することに・・・。

ランナーの夢を断たれ、明日が見えずに不安の渦の中にいる遥は、父・隆志(山寺宏一)や妹・清夏(高橋美波)の家族に支えられ、白血病と闘っている友人の七海(岩井七世)や同室の未来(朝倉ふゆな)、主治医・加藤(鳥羽 潤)に励まされながら、厳しい治療を続けてゆく。

生きる喜び、家族のあたたかさ、真の友情を感じながら、当たり前に過ごしている「今」が奇跡である事に気づいて、困難に立ち向かいながら成長していく少女の希望の物語。

企画/配給

ジョフクの恋

●キャスト
出演 :谷村 美月、柳 めぐみ、趣里
鈴木 ちなみ、國元 なつき、大和田 健介、落合 モトキ、川野 直輝

●スタッフ
原作:ねむようこ「のこのこ」・山崎童々「チェンジ」/『東京無印女子物語』(祥伝社フィールコミックス)
原案・脚本:なるせゆうせい
監督:大九明子
製作総指揮:近藤芳憲 プロデューサー:田中清孝 兼田仁 平林勉
アソシエイトプロデューサー:矢野義隆 榎本憲男
音楽:野崎美波 撮影:大沢佳子(JSC) 
美術:井上心平 録音:永口靖
スタイリスト:横田勝広
ヘア・メイク:鰕澤真由美
助監督:菊地健雄 制作担当:赤間俊秀
キャスティング:小林良二
編集:米田博之
音響効果:渋谷圭介 整音:小宮元
主題歌・挿入歌:柳めぐみ
主題歌:「Dear」 挿入歌:「もしもまた生まれ変わっても」
タイアップ協力:「女子カメラ」編集部(インフォレスト株式会社)
特別協力:チバテレビ・テレビ信州
企画協力:祥伝社
配給・制作プロダクション:ベストブレーン
製作協力:長崎出版株式会社・株式会社ドレミファ
企画・製作:PKP

2012年/日本/97分/カラー

映画「ジョフクの恋」

日本の象徴である「富士山」と文化を融合させ映画を発信することを目的とした映画祭
「富士山河口湖映画祭」第四回、第五回シナリオコンクール受賞作品

●ストーリー
高校1年生の福山俊一は、親友の安達一郎に誘われて演劇部に中途入部する。
女子ばかりだから楽だろうと思って入部したが、部長の本宮弓月(ゆづき)は厳しい。

ある日、弓月は演劇部顧問の羽根田に呼ばれて富士山麓に伝わる徐福伝説について調べるように指示され、家も近い俊一を連れて行くようにと言われる。

奏の始皇帝時代に日本に訪れたとされる徐福伝説を辿る弓月と俊一。
途中、何かに導かれるように入り込んだ神社の森で、俊一が徐福と入れ替わるという不思議な体験をすつ。
夢かうつつか、その体験に何かを感じた2人の距離は縮まる。

そして、徐福にヒントを得た演劇台本を書き上げた弓月は主役に指名されて打ち込んでいく。
しかし、相手役には俊一ではなく安達が選ばれる。安達は嬉しさに舞い上がるが演劇発表会前日、不意にケガをしてしまう。…

一体どうなるのか、そして、弓月と俊一の淡い関係はどうなるのか。淡い気持ちを描いた青春ファンタジー。

制作/配給

東京無印女子物語東京無印女子物語

●キャスト
出演 :谷村 美月、柳 めぐみ、趣里
鈴木 ちなみ、國元 なつき、大和田 健介、落合 モトキ、川野 直輝

●スタッフ
原作:ねむようこ「のこのこ」・山崎童々「チェンジ」/『東京無印女子物語』(祥伝社フィールコミックス)
原案・脚本:なるせゆうせい
監督:大九明子
製作総指揮:近藤芳憲 プロデューサー:田中清孝 兼田仁 平林勉
アソシエイトプロデューサー:矢野義隆 榎本憲男
音楽:野崎美波 撮影:大沢佳子(JSC) 
美術:井上心平 録音:永口靖
スタイリスト:横田勝広
ヘア・メイク:鰕澤真由美
助監督:菊地健雄 制作担当:赤間俊秀
キャスティング:小林良二
編集:米田博之
音響効果:渋谷圭介 整音:小宮元
主題歌・挿入歌:柳めぐみ
主題歌:「Dear」 挿入歌:「もしもまた生まれ変わっても」
タイアップ協力:「女子カメラ」編集部(インフォレスト株式会社)
特別協力:チバテレビ・テレビ信州
企画協力:祥伝社
配給・制作プロダクション:ベストブレーン
製作協力:長崎出版株式会社・株式会社ドレミファ
企画・製作:PKP

2012年/日本/97分/カラー

映画「東京無印女子物語」

この街はうさぎのスピードで動いている。
おいてかれそうな時もあるけど、
それでもこの街が好きかもしれない。

●イントロダクション

『東京無印女子物語』は、故郷を離れ東京で暮らす女子たちの、ありふれたようで特別な日常にスポットをあて、多くの読者に共感を呼んだ、ねむようこはじめ注目若手作家が競作した、人気コミックの映画化です。

キャスト・スタッフにも、とびきり魅力的な“女子”たちが集まりました。主演は『おにいちゃんのハナビ』「たぶらかし」(NTV)など、着実なキャリアを積む若手実力派、谷村美月。

ソロシンガーとして活躍する柳めぐみが、本格的な女優デビューを果たすと共に、主題歌「Dear」を担当。

さらに、水谷豊と伊藤蘭の娘で、「3年B組金八先生ファイナル」(TBS)でみずみずしいデビューを飾った趣里。

監督は、『恋するマドリ』の大九明子。女子なら、きっと心当たりがある“こんな事”や“あんな会話”を、可笑しくも赤裸々なタッチで描いていきます。

●ストーリー
のぞみ(谷村美月)は、就活中の女子大生。

地元ではのろまの「ノロ」とあだ名された彼女も、うさぎのスピードで動いている東京の暮らしになんとかあわせて生きている。

同居人で恋人の亀山(大和田健介)は、のぞみに輪をかけてマイペース。

一日中、大好きな絵を描いて過ごしていた。

最近、のぞみは亀山とのスピードにズレを感じはじめていた。‥‥。

一方、冴子(柳めぐみ)は、広告業界で働く仕事女子。

同居人でフリーターのカオリ(趣里)は、冴子とは対照的に、恋に遊びに充実した毎日を過ごしている。

冴子にもトモヤ(川野直輝)という恋人がいるが、最近は仕事にかまけて会っていない。

つきあって1年目の記念日――電話したトモヤの携帯からは、女性の声がした‥‥。